うつかて -うつを糧にいきていく-

栄養士による健康のためのストレスセルフケア

【ざっくり手順まとめ】サポ切れWindows VistaにLinux(Ubuntu)をインストールした話

 

f:id:utsukate:20200717225151j:plain



 

サポート切れVista PCが復活!

 

10年以上前に購入したノートPC(サポート切れWindows Vista)セキュリティの問題から使わずに物置にしまっていました。以降Windows10のデスクトップPCを使ってきたのですが寝そべってブログ書きたいなあと思ったことからLinuxをインストールすればいいじゃないか!」と急にひらめき数年ぶりに引っ張り出してきて再活用。作業手順をメモ代わりに記録として残しておきます。

 

ざっくりまとめました。全体の流れ理解用としてどうぞ。

(細かな手順はわかりやすく書いてくださっている方がいるので)

 

やったことは、「デュアルブート」とよばれるWindows vistaLinux(Ubuntsu)共存させる方法。立ち上がり時に選択することができる。

 

 

事前準備

用意したもの

・USB(4GB以上)

・PC2台(Ubuntuインストーラー準備用、インストール先)

 

所要時間

合計4時間くらい

Linux初心者が調べながら行った場合)

 

PCスペックチェック

古いPCだからなあ」と諦めずにスペックを確認してみるのがいいでしょう

コマンドプロンプトで「systeminfo」と入力実行すると、CPUが32bitなのか64bitなのか確認できます。

 

LinuxWindowsXP以降のスペックを持っていれば基本OK。

最新版(2021.07時点)Ubuntu 20.04 LTSインストールのための条件は以下の通り。

・2GHzデュアルコアのCPU

・4GBのメモリ

・25GBのハードディスク

・DVDドライブ

・インターネットアクセス

 

Ubuntu 20.04 LTSサポート期間は2025年4月までの5年間。(ビジネスユーザー向けの拡張サポートは10年間)今は64bit版のみサポート提供のもよう。

 

ちなみに私が所持していたノートPCは2009年購入したLet'sNote CF-W8ですが、搭載CPUは64bitでした(VistaOS自体は32bitだった)。チェックしてみると意外といけたりするかも。

条件クリアしていたら、インストール可能です!

  

Ubuntuインストーラー用意

まずはインストーラーをダウンロード

 

Ubuntuの公式HPからインストールしましょう。

Get Ubuntu | Download | Ubuntu

サーバー用など種類ありますが、ネットサーフィン用途であれば「Ubuntu Desktop」インストールでいいでしょう。.iso拡張子でダウンロードされます。

参考サイト:Ubuntu Desktop 日本語対応最新ver確認

※所要時間:5分くらい

 

インストーラーをUSBにコピー

Rufus」というソフトを使ってUbuntuのデータをUSBに書き込む。

Rufus - 起動可能なUSBドライブを簡単に作成できます

素人なうつかては、ダウンロードした.isoファイルをUSBにコピー&ペーストしたら十分なのだと早合点して失敗した。ので注意として書く。

うまくコピーできていないと立ち上げ時に「File not Found!」ってPCに怒られます。「Boot?」って聞かて困ったらCtrl+Alt+deleteキーで脱出しよう。

※USBは空のものを用意。

※所要時間:5〜10分くらい

 

Ubuntuインストール

起動優先順位の変更

起動時にをUSBを先に読み込んでくれるよう設定します。

設定しないと通常時のようにWindowsが立ち上がるだけなので。

Ubuntuインストール先PCにUSBを差し込んでから、電源ON。

②立ち上がり途中で「F2」(vistaの場合)を押し、SET UP画面に移る。

③起動優先順序をUSBからにして設定保存して終了するとUbuntuインストーラーがvistaより先に起動してくれる。

※所要時間:5分くらい

 

インストール前の設定

言語設定、LAN設定、Ubuntuのディスク領域設定、便利アプリ選択などの項目設定を進めていきます。

そこらへんの手順についてはもっとわかりやすく書いてくれている人がいるので省略。 ちなみにLAN設定しておくとアップデートがあるかすぐに探しに行ってくれるのでセキュリティ面上安心です。

ディスク領域設定のときに、Windows Vistaの設定を削除せずにUbuntuをインストールするような選択肢を指定すればデュアルブートできます。

※所要時間:1時間くらい(ディスク領域設定が長い)

 

Ubuntuインストール

めちゃ長かったです。終わったら再起動します。

初回再起動時にErrorみたいな文字がザザーって流れて失敗したかと焦りますが、そのまま放置していたら無事立ち上がりました。設定が正しかったと信じて待つのみ。

※所要時間:1時間くらい

 

 

まとめ

Ubuntuインストーラーをダウンロード

・USBにインストーラーをうつす

BIOS画面で起動優先順位変更

Ubuntuインストール

 

Ubuntu使用感ですが、結構サクサク動いてくれます。動画視聴も以前のVista同様です。これで無料なのがすごい。「私はWindowsでなくLinuxをずっと愛用しているんだ」という知り合いがいますが、やっと気持ちがわかりました。

 

Linux環境が作れたのでプログラミングとかサーバーの勉強にステップアップしてみるぞー!